トップページ>学校行事 > 歓迎 新入生諸君! 平成30年度入学式

歓迎 新入生諸君! 平成30年度入学式

学校行事 2018年04月10日

春の陽気に包まれた4月10日(火)、本校の入学式が行われました。

少し緊張の表情を浮かべながらの入場から始まった入学式の様子です。

 

クラス発表 入場

何組かな?  昇降口でドキドキ             入場は少し緊張の表情

 

起立全像  起立

新入生、起立!

 

 

式辞

学校長入学許可・式辞

「新入生のみなさんに三つの言葉を贈ります。

第一に『自立と責任』です。『大きな子ども』から『小さな大人』への脱皮の節目の高校時代だからこそ、大切なのです。

第二に『高校生活の基本は勉学』であるということ。教科の学習だけではなく、学校行事や部活動を通して逞しく生きていくための知識・技能を身に付け、生涯学び続ける力をつけてください。

最後は『良き師・良き友を見つける』ことです。様々な機会を通し、生涯の良き師・良き友と巡り合っていただきたい。

高校入学は、人生の大きな節目。その節目こそ、新しい可能性を見出すチャンスです。」

 

 

 

 

誓いの言葉

新入生代表 誓いのことば

「私たち新入生はそれぞれ違う目標を持って入学しました。

私は将来音楽に関わる仕事をしたいと考えており、吹奏楽部に入部し、部活動と学習を両立させることが私の目標です。

そして、三年間の高校生活を通して、社会で通用する『人間力』をつけていきたいです。吹奏楽部の活動ではさまざまな世代の方と交流することができるとお聞きしました。どんな出会いがあるのかと今からわくわくしています。」

 

強い意志が感じられる、すばらしい誓いのことばでした。

 

 

歓迎の言葉

在校生代表 歓迎のことば

「私たち城北生は、建学の精神『敬愛信』を胸に、山形城北高校の生徒であるというプライドを持ち生活しています。

特に学校行事や生徒会活動は、ともに協力し、ともに汗を流すことで、仲間とより濃密な関係を築き、また、自分を高める絶好の機会となります。

私たちとともに頑張っていきましょう。」

 

 

祝辞

来賓祝辞 西嵜PTA会長

「本校の『敬愛信』の心。沢山の先輩方に受け継がれ、今また、皆さんにそのバトンがわたされる。それが伝統というものです。

しかし、それはかたくなに昔のやり方を変えないということではありません。本校も時代に合わせて新しいものを付け加えたり、工夫や変化がありました。私が大切にしている『温故知新』という言葉に尽きます。ともにより良い伝統をつくり、バトンを繋いでいきましょう。」

 

 

担任紹介 島崎T

式が終わり、学年担任団の紹介              ひとりひとり自己紹介

 

 

真剣なまなざし  桜の黒板

その後は各教室でホームルーム             先輩が描いた桜の絵が印象的な黒板

 

自己紹介  なごみ

こちらは生徒たちの自己紹介              笑顔も出てだいぶ和んできました

 

 

 

部活勧誘  記念撮影

昇降口では早速弓道部の勧誘が              あちらこちらで記念撮影も

 

 

新入生を迎えて、平成30年度の城北がスタートしました。

新入生諸君の大いなる活躍を期待します!