Home> 進学教養コース

  • 特進科
  • 進学教養コース
  • 幼教福祉コース
  • スポーツ総合コース
  • 進学教養コース
  • 普通科進学教養コース

    進学にも就職にも対応。部活動との両立もかなえます。

進学教養コース

建学の精神の体現者となれ。
そのベースになるのは学力と「教養」。
どちらも欠くことなく。

教養とは学び得た知識を人として生かす心のあり方。
生きていく上で本当に必要とされるものは単なる知識ではなく、 教養のある人としてのあり方に基づく知識でなくてはなりません。
高校時代こそが、その「教養」を追究できる時期です。
本校進学教養コースは、その中核となるべく作り上げられたコース。
この意味で"城北のスタンダード"といえるでしょう。
5教科の学習はもちろんのこと、あらゆる場面での学びを通して、 人としての生き方・あり方の完成形である「教養」、つまり「敬愛信」の完成をめざすコースなのです。

こんな人におすすめ

大学、短大、看護医療系専門学校、その他の専門学校への進学が可能。また、就職にも対応。
中学の段階では進路の目標が決まっていない人にも。

コースの特徴

●5教科中心の授業

まずは基本をしっかりと。すべての土台は5教科です。
進学にも就職にも幅広く対応できます。


●シチズン・リテラシー「CL」

社会の中での自分のあり方を考え、人や社会と積極的にかかわる姿勢を学びます。 それがやがては「地域」や、「人々のあり方」に対する深い考えを生み、ともに生きる意味を見い出す力となることをめざしています。そのための基本となる考え方、ものごとの捉え方、そしてスキルを学ぶ時間です。

このコースは、まさに「普通科」の高校生活が送れるスタンダードなコース、つまり5教科をしっかり学びます。
そして最大の特徴は、他コースとは違う独自の総合学習「シチズン・リテラシー(CL)」があること。1年次から3年次まで2単位ずつ、計6単位の授業です。いえ、〝普通の授業〟ではありません。先生の説明を聞く授業のイメージは捨ててください。このCLのテーマは「社会と自分」。ここで大切な姿勢は、自分で「考える」こと、自分で「まとめる」こと、自分で「伝える」ことです。この活動をとおして、「社会=人とつながる力」をつけていくのがCLです。「5教科+CL」で「学力+人間力」をつけます。

カリキュラム

1年
国・数・英の3教科を中心に基礎学力づくり
2年
進路希望に合わせて「文系」「理系」に分かれます
3年
面接・小論文の徹底指導
「文系」では社会と理科で、「理系」では数学と理科で科目の選択が可能

めざす進路

  • ◎進学(大学、短期大学、専門学校など)
    ◎就職

    在校生アンケート卒業後の希望の進路は?
  • 進学希望者が多いですが就職にも対応しているので迷っている人にも安心です。

よくある質問

Q
コース名にある「教養」とは、どのようなことをさしていますか?
A
簡単に言えば、「これからの社会で必要とされる力」です。無数にある情報をしっかりと扱い、うまく使う力や、自分の考えをきちんとまとめ、より適切な表現で発信することのできる力がこれからはより一層求められます。「情報リテラシー」や「国語表現」、そしてCLでこの力を育んでいきます。これは多様化した大学受験や、社会で実際に活かせる力となります。
Q
CLでは具体的にどのようなことをするのですか?
A
これからの世の中、社会で問題とされるテーマを調べ、話し合い、まとめていく。
その過程の中で、自分の考えを確実なものに作り上げていくことが中心です。