Home> ストーーク記事

ストーーク

2019年4月15日

ちょっとした予測

今年も女子トイレ掃除の担当となった。

先週のこと。

トイレ掃除当番の、ある3年生女子に、

「ちょっと、ほうき持ってきて」と言った。

 

そして彼女が持ってきたのは、ほうきとちりとり。

そう、ほうきで掃いた後は、ちりとりを使う。

私が持ってきてと頼んだのは「ほうき」。

彼女が持ってきくれたのは「ほうき」と「ちりとり」。

 

「ほうきではく⇒ごみを取る」という、ちょっとした先のことを予測して

気をきかせることができることは、いいね。

感心した私だった。

2019年4月10日

おめでとう

一昨日が始業式、昨日は入学式。今日は4月考査と新入生歓迎会。

慌ただしく過ぎ去る新年度開始の10日間。

所属部署が変わった私にとって、特にあっという間の10日だった。

 

さて、昨日の入学式。

新入生一人ひとりの名前を担任が呼び上げ、新入生が返事をして立ち上がる場面。

大きな声で返事をして立ち上がる生徒、落ちついた声で返事をする生徒、

緊張のためか、なかなか声が出ない生徒……。

リラックスした表情の生徒もいれば、終始緊張した様子の生徒もいた。

それぞれの、スタートだ。

 

それぞれ、3年後、どんな返事をして、どんな思いで卒業していくのか……。

そんなことを、早くも考えてしまった。

ただ一つ、真新しい制服は、きっとくたびれていることはみんな同じだろうが。

 

入学おめでとう。

君たちの充実した3年間をサポートするべく、ビシッと指導していきます。

2019年4月2日

新年度

昨日は平成31年度のスタートであると同時に、「平成」のラスト1か月のカウントダウンの始まりだった。

城北も新年度のスタート。

 

先日、平成30年度で城北を後にされる先生方を送る会があった。

長年、城北にお勤めになった事務長もそのお一人。

細身の華奢な外見ながら、しなやかな強さのある、凜とした方。

とても、とてもお世話になった。

 

昨日、事務長の机がなくなった事務室を見て、退職されたことを実感した。

そして、

昨日から、職員室には新任の先生の姿がある。

特に新採の先生方は、なんとなく落ち着かない様子だ。

 

長く、長く、城北を支えてくださった教職員の方々。

新たに、城北を支えていく仲間となる新任の先生方。

これまで続いてきた一つの時代の終わりの余韻と、

新たに始まる時代の予感が交錯した昨日。

先生方の姿と重なって見えた昨日だった。