Home> ストーーク記事

ストーーク

2019年6月5日

決戦、近づく

今週末は、県高校総体。

3年生の運動部諸君にとっては、高校最後のインターハイをかけた大切な大会だ。

 

今、学校では男子卓球、女子卓球、女子バレー、剣道、新体操が練習している。

 

 

7日(金)は、3時間目までの臨時時間割。

そのあとは応援に行ける。

今年の私の応援の目標は、3日間で5つの会場に応援に行くこと。

それぞれの会場で、またあの熱い戦いが繰り広げられるのだろう。

あの時間を、生徒たちと共有したい。

結果はよいにこしたことはないけれど、

まずはすべてを出し切ったといえるプレーをしてほしい。

がんばれ。がんばれ!!

 

 

2019年5月30日

初心

教育実習生の話その2

 

昨日、教生の研究授業を見に行った。

「妊娠・出産」という、非常にやりにくいところの保健の授業である。

若い教生にとって、経験もなにもないところで

高校生相手に教えることは、さぞかし大変だっただろう。

 

意外だったのが、生徒たちである。

普段はとても元気のよいクラス。元気よすぎる? クラス。

その生徒たちが、なんと協力的なことか!

もちろん、複数の先生方の目があるということもあろうが、

しかし、それを差し引いて考えても、真剣なのである。

 

 

そう言えば、私が教生を担当した時もそうだった。

うちの生徒たちは、基本的に優しい。

困っている教生を助けようとする。

「私の時は、そんなに目をキラキラさせないのに、なんで教生の授業は

真面目に受けるの?」

そんなふうに思ったものだった。

 

きっと、ぎこちなくても、たどたどしくても、

一生懸命に、必死に何かに取り組んでいる人に対して、

共感を覚えたり、協力したりしたくなるものなんだろうな。

そんなふうに思った。

 

初心忘るべからず。

自戒の念を込めて。

2019年5月28日

強くてしなやかな心を持ちたい

久しぶりのアップです。

 

今、教育実習生が来ている。

ついこの間までは高校生だった彼女たちも、現役高校生から

「先生」と呼ばれている。

こちらとしては、なんとなく、奇妙な感覚だ。

 

 

毎日、遅くまで授業の準備。

研究授業に向けて、教室で予行演習。

どんなに準備しても、うまくいくことなんて、まず、ない。

私自身がそうだったから。

 

失敗してなんぼ。くじけず、やり直せばいい。

一番大事なのは、生徒と関わることが楽しいと思う心。

一番持ちたいのは、生徒を大切に思う、

そのためには厳しいことも言う、強い心。

 

明日の教生の授業が楽しみだ。