トップページ>学校行事 > ミライへ向かって翔べ“入学式”

ミライへ向かって翔べ“入学式”

学校行事 2019年04月09日

2019年度入学式が開催されました。

矢萩校長からは歓迎の言葉に続いて、新入生に向けて3つのメッセージが述べられました。

「自律と責任」
自らの責任において、意欲的にかけがえのない自分を作ってほしい。
「高校生活の基本は勉学」
勉学とは教科の学習だけではなく、ホームルーム活動や部活動、学校行事、学校生活のあらゆる面において学び通すこと。生涯に渡ってたくましく生きていくための知識・技能を主体的に身につけていくこと。変化の激しい時代を積極的に生きていくために、生涯学び続けることが求められている。
「よき仲間・友をみつけること」
高校時代は生涯の友を見つける絶好の機会。さまざまな機会を通して、よき友と巡り会ってほしい。

 

新入生を代表して川瀬ひかるさんから、新たな生活に対する期待と決意が語られました。

高校生活の目標として「学習と部活動の両立」を掲げ、学習面では自主的に学習に取り組む姿勢を大切にし、部活動では吹奏楽部に入部して聴いてくださる方に感動を与えられるように頑張りたい。

 

式の後に行われたホームルームでは、学級担任から挨拶や学級運営方針が語られていました。